避妊薬の活用方法

低用量ピルは、女性が正しく服用すればほぼ100%妊娠を回避できる避妊薬です。また避妊以外にも女性に嬉しい効果があります。避妊薬の内服により子宮内膜が薄くなるので、月経量が少なくなり月経期間を短くしたり月経痛を緩和したりします。さらに子宮内膜症の治療に使われることがあります。避妊薬はがんの発生率を抑制する効果もあります。子宮体がんや卵巣がんは、発症リスクが50%軽減されます。ある調査結果では、1回の月経でナプキンの個数を10個は減らせると結論付けています。また月経前にできるニキビや、ヒゲが生える部分にできる大人ニキビの改善にも避妊薬が役立ちます。これらの原因の一つは、排卵後に増加する黄体ホルモンが皮脂の分泌を促すことです。よって排卵を抑制すれば、ニキビができない環境が整います。さらにニキビの原因に男性ホルモンがありますが、最近では男性ホルモンを抑える作用の避妊薬があります。皮膚科の治療や毎日のスキンケアで改善しなかったニキビが治ることがあります。月経前症候群は排卵期から黄体期、月経期においてホルモンが著しく変動することが原因でもあるため、避妊薬でホルモンを安定させれば症状が改善されます。避妊薬は2日以上内服しないと、避妊することができません。一般的に内服をやめて3ヶ月経てば、正常の排卵周期が90%の確率で回復します。避妊薬によって月経が周期的に来るので、妊娠するタイミングを調整できます。出産後の授乳が終わったころから再び服用し始めれば、2人目をいつ妊娠するかなど家族構成も計画できます。最近は種類が増えているので、一人ひとりの目的や生活習慣に合ったものを選べば、避妊以外でも健康や美容に効果があります。
↓薬の通販のオススメサイト
薬を購入したいならネット販売
↓アフターピルとピルは違います
アフターピルの口コミをチェック
↓体の負担が少なく、美肌効果も期待できる
マーベロン