避妊薬の飲み始めに注意しておきたいこと

避妊薬を飲み始めるのは大抵生理初日のタイミングです。これは低用量タイプの避妊薬であればどのメーカーのものでも同じです。ごくまれに生理が始まってから数日以内の服用を勧めているというものもありますが、よりスムーズな形で避妊を進めていくのであれば生理の初日の段階での飲み始めがオススメなのです。というのも、生理の期間はほぼ1週間、そしてこの避妊薬を飲み始めてその避妊効果が出始めるまでの期間も約1週間なのです。つまり、生理初日にこの避妊薬を飲み始めていれば生理の終わりと同程度のタイミングで避妊効果を得ることができるということなのです。
もちろん、こうした効果の出方、さらには生理の期間に関しては個人差があるので一概にいうことは出来ないのですが、これからこうした避妊薬を使用するという人は参考にしていくといいでしょう。
避妊薬は基本的に避妊目的に使用されることが多いのですが、実は生理のタイミングをずらしたりしていくのにも役立ちます。この場合、人によっては生理初日ではなく、自分の好きなタイミングでその飲み始めを決めることができるのですが、ここで注意が必要な点があります。先にも述べたようにこの薬は避妊の効果が出てくるまでに最低でも1週間程度の期間が必要になります。つまり、薬を飲み始めて1週間は避妊薬とは別の方法で避妊を行っていかなければいけないということです。避妊薬を飲んでいるから絶対に安心だというわけではない、この点だけはしっかりと押さえておきましょう。さらに、この避妊効果を継続していきたいという場合は必然的にそれだけの期間、一日も絶やすことなく薬を飲み続ける必要も出てきます。効果が高い分、それなりに注意していかなければいけないことも多いのがこの薬の特徴なのです。